Re壁

内装業界も今後の人口減少や人手不足を考えて色々と考えています

そんな中、大阪にて一般社団法人 日本壁装協会が主催する「壁紙の未来を考え行動する会」へ出席してきました

f:id:sohsho928:20170623054413j:image

参加者は180人超で色々な立場の方が参加していました、会場では知り合いも多くいましたので楽しい時間が過ごせました

さて内容ですが3年計画で壁紙をもっと知ってもらおう広報活動

具体的には白い壁紙だけではありません、魅力ある壁紙があるのでライフステージに合わせて壁紙を張り替えましょう。

という内容が主体でした

そこで一般ユーザーがもっと簡単に色々な壁紙を検索出来るサイトをオープンさせました

これが「Re壁」です

https://rekabe.jp/

ブランドメーカーを問わず壁紙を選択できます

一般的に壁紙は自由に選べます

なぜ選べないか?

1つは安い値段を設定しているからです、Aクラス(量産)が住宅で主流ですが以前はアパートや倉庫でしか使われない材料でした

普通品はAAクラスです

値段でAB.B.C.D.S.SSまであります

もう1つはAクラスが主流になったため白い壁紙以外に対応出来る職人がいないことです

クレームが付きやすいこととあまりないので正確な見積が出せないのです

では「Re壁」は素晴らしいですが最後のピースは施工、とくに特殊壁紙

ここまでお話しすると僕の活動に結びつきます

☆資格を取得を勧める「技能士会」と

☆特殊壁紙施工を掘り下げる「Hangers」が

最後のピースではないでしょうか?

僕の活動のテーマは覚えてきた技能、知識、技術を各地域へ落として各地域で育てることです

一般ユーザーの近くにこれらが無いと意味がないのです

もう1つは次世代を担う職方さんが誇りをもって働き普通に一生を暮らせる収入を得る事です

課題は多くありますが業界の動きが連動したことを感じた大阪でした(^^)

f:id:sohsho928:20170623062235j:image

Let's do our best today, too.

☆Let's become Hangers too!